M-LIFE

メルカリの情報などを発信しています

メルカリとヤフーオークションの違い・比較するとどちらがおすすめ?

f:id:webwebweblog:20170918022441j:plain

メルカリとヤフーオークションにはどのような違いがあるのでしょうか。いずれも中古品を売ることができる便利なシステムで、不用品を売りたいときに最適です。

しかしメルカリとヤフーオークションにはどのような違いがあるのか、分からない方もいるでしょう。ふたつの違いを比較して、どちらがおすすめなのかをチェックしていきます。

メルカリとヤフーオークションの違いは?

ヤフーオークションは入札によって売値が決定します。売り手が定めた最低価格が、個々の入札者から提示された最高価格によって落札され値段が決定します。

メルカリはフリマと同じく、始めから売り手によって商品の価格が決まっています。ネット上のフリマだと例えると明確ですね。

ふたつの大きな違いはオークションか、フリマかという違いになります。

では実際にメルカリとヤフオクを使うことを想定した場合、どのような違いがあるのでしょうか。比較してみると以下のようになります。

 

  メルカリ ヤフーオークション
価格の変動 固定または下がる 固定または上がる
利用料 無料 月額498円
販売手数料 10% 8.64%
口座への振込手数料 210円 無料
口座へ振込まれるタイミング 申請した日の翌月曜日 最短当日午後

 

メルカリorヤフーオークション?ニーズ別におすすめなのは?

実際に商品を売ることになった場合、個々にどのようなポイントを重視して売りたいのかが違います。メルカリとヤフーオークションでは手数料負担をはじめ、利便性や労力、安全性…などにそれぞれ違いがあります。損をしないためにも、自分がまず何を重視して売りたいのかをチェックしておきましょう。

商品を高く売りたい場合

商品を高く売りたい場合、メルカリとヤフーオークションではどのようなジャンルの商品や年齢層に多く使われているのかを見極めるといいでしょう。

たとえばメルカリで高く売れる商品もヤフーオークションでは安くなってしまう、または売れないこともあります。

違う商品になった場合にはその逆もあります。 売りたい商品のジャンルや系統、年齢層の違いを見極めることで、メルカリとヤフーオークションのどちらを使えばいいのかがわかってきます。

主にメルカリは若い年齢層や女性にウケている傾向があり、ヤフオクは中高年の男性にウケているようです。

ふたつの違いを把握すれば、高く売ることも夢ではありませんね。

手数料の安さにこだわるならメルカリ!

少しでも高く売るためには、メルカリとヤフーオークションの手数料の違いに注目です。いくら出品額が高くても、手数料の違いで安くなってしまうこともあるので注意しましょう。

以下はメルカリとヤフオクの純粋な受取額の算出式です。

【メルカリ】出品額-10%の販売手数料-口座への振込手数料=受取額

【ヤフオク】出品額-月額利用料-8.64%の販売手数料=受取額

ふたつの違いは販売手数料率、メルカリのみ口座振込手数料がかかる、ヤフーオークションのみ「Yahoo!プレミアム」会員になるための月額利用料が必要になってしまうことです。

ただメルカリの振込のタイミングは自分で調節できるので、頻繁でなければ損する心配もありません。 よってメルカリとヤフーオークションの手数料を重視するとすれば、販売手数料とヤフオクの月額利用料になるでしょう。

一見メルカリの販売手数料のほうが高いですが、ヤフーオークションには月額利用料があるので、4万円以上売らなければ結果的にはメルカリのほうがお得になります。

簡単な出品手続や配送方法を選びたいならメルカリ

圧倒的に便利なのはメルカリで、会員登録、出品手続きが短時間でスピーディに完了します。登録だけでもヤフーオークションは会員登録・プレミアム登録・決済登録を行わなければなりません。

続いて出品手続も必要になります。すでに登録作業の時点でふたつには利便性の違いがあります。 配送方法にも圧倒的な違いがあり、メルカリではコンビニでバーコードを読み込んでもらうだけで発送してもらえるシステムがあります。

ヤフーオークションでは自分で落札者の住所を確認したり、振込銀行を教えたりしなければなりません。メルカリではアプリがすべて面倒な作業を担うため、ヤフオクと比較すると労力や利便性に大きな違いがあります。

個人情報を秘密にしたい場合もメルカリがおすすめ

顔の見えないインターネットでの取引は、できるなら個人情報は秘密にしておきたいものです。ヤフーオークションは相手の指名・住所や銀行口座などを聞き出すだけでなく、自分の情報も伝えなければなりません。

労力がかかるだけでなく、個人取引になるため危険も伴います。 メルカリは、すべてアプリを通じて取引を行うので、取引相手に自分の個人情報を知られることはありません。

安心してやり取りできるのも、ヤフーオークションとの違いだと言えるでしょう。

利便性・安全性にこだわるならヤフオクよりもメルカリがおすすめ

価値ある商品を高く売りたいとき、ジャンルによってはヤフーオークションがおすすめです。ただジャンルによってはメルカリがおすすめで、利便性や安全性を考慮すると圧倒的に有利でしょう。

特にメルカリはアプリによる便利な配送システムがウケて、若い女性を中心に多くの方に利用されています。ヤフーオークションのように待ち時間がなく、新着商品が売れやすいシステムにも注目ですよ。