M-LIFE

メルカリの情報などを発信しています

メルカリの出品で商品を売る5つのコツ

f:id:webwebweblog:20170918022441j:plain

メルカリで不要になったものは、古くなってしまったものを売ろう! と出品してみたのになかなか売れない……。そんな方は多いのではないでしょうか。メルカリで出品するのは簡単にできるとは言え、せっかく写真などを撮って準備をしたのに、売れないとがっかりしてしまいますよね。

そんな方のために、メルカリで出品したものを売るコツを調べてみました。大まかに5つのポイントがあるようです。

メルカリの出品で商品を売る5つのコツ

メルカリで出品してみたものの、売れない。そんなお悩みを持つ方は多いようです。もちろん、商品特性などの問題はあるのでしょうが、それでもどうしても売れない場合、なにか理由があるのでしょうか。

服やぬいぐるみなどは、商品としては需要のある商品だと思います。しかし、それでも売れないと嘆いている方もいらっしゃるようですね。ではどうすればメルカリで出品したものがきちんと売れるようになるのでしょうか。ポイント別に見ていきましょう。

商品の写真を綺麗に撮る

まず、メルカリ出品の最大のポイントは商品の写真であることを知っておいていただければと思います。メルカリの購入者は、出品者が載せた写真と説明文しかその商品について知るすべを持ちません。ということは、その商品画像がよくないものであれば、売れないのは当たり前だということになってしまいます。 場合によっては、商品は同じなのに、写真を変えただけで売れたというケースも。

このように、写真を変えてみたら問題なく売れたというケースがあります。写真の撮り方のコツは、きちんと光があたるような場所で撮影を行うことです。そうすることで見栄えがよくなり、購入者の心象もよくなります。また、購入者が気にするであろうポイントをあらかじめ写真に撮ってあげることなども重要です。

実際に買ってみないとわからない部分などを写真で掲載しておくと、購入者は安心して購入することができます。下記で紹介する紹介文も勿論大切なのですが、やはり一番強いのはビジュアルによる説得力ですので、メルカリで商品が売れない場合はまず写真をチェックするようにしましょう。

紹介文をなるべく詳細に

そして、写真と共に大切になってくるのが、商品の紹介文です。その商品のスペックや状態などについてきちんと説明してあげることで、購入者の方の、購入へのハードルを低くすることができます。また、こんなケースも。

このように、説明文を工夫することですぐに売れるという経験をしたことがある方は多いようです。商品に関する説明はなるべく詳細に書いてあげることで、購入者も不安を感じることなく購入することができるので、ぜひ紹介文は凝ってみましょう。

タイトルも重要

商品は紹介文も大切ですが、まずはその商品の詳細を見てもらうためにタイトルも工夫する必要があります。例えば、冒頭に「新品未使用品」と入れてあげることで、商品の特徴がパッと購入者に見えるようになり、購入していただける可能性が上がります。【すぐ発送できます】なども良いですね。商品や発送に関するメリットをタイトルに盛り込んであげることで購入される可能性は高くなります。

値段は相場を見て決める

メルカリに商品を出品する場合は、値段設定がもっとも大切です。値段が高すぎると買ってもらいづらくなります。メルカリで商品が売れないときは、本当にその商品の値段が適正なのか、今一度見返すようにしましょう。

このように、商品の相場に合わせてあげるのが重要な考え方になります。場合によっては値下げをすることも念頭に入れた方が良いでしょう。

発送方法を見直す

メルカリには、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」などといった特殊な発送方法があります。これは、出品者と購入者のお互いの住所が見えない形で出品できるメルカリ独自のサービスで、こちらの発送方法でないと購入したくないという方が一定数いらっしゃいます。ですので、発送方法が通常の宅配便や郵送になっている場合は、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」などの使用も検討してみましょう。

メルカリの出品で商品を売る5つのコツまとめ

メルカリの出品で売るための5つのコツについてまとめてみました。メルカリの出品で一番重視すべきは、やはり商品画像です。次に説明文とタイトル、値段などがポイントになってきます。また、メルカリは独自の発送方法を導入しており、その発送方法であれば出品者と購入者両方の住所をお互いに伝えることなくやりとりができるので、もし発送方法を別の方法にしている場合は変更してみることで売れるようになるかもしれませんので、是非お試しください。