M-LIFE

メルカリの情報などを発信しています

メルカリ・メルカリアッテで生き物の出品は可能?

f:id:webwebweblog:20170714231650j:plain

メルカリやメルカリアッテは、不用品などを気軽に販売したい人にとってはとても心強いフリマアプリです。

様々なものをメルカリを通じて販売しているという方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、メルカリやメルカリアッテには、出品してはいけないものも多数存在します。もし禁止されているものを出品してしまった場合は、最悪の場合アカウント停止になってしまう可能性があります。

出品が禁止されているものはいくつか種類がありますが、生き物の出品は可能なのでしょうか。調べてみましょう。

メルカリ・メルカリアッテで生き物の出品は可能?

それではさっそく、メルカリやメルカリアッテで生き物の出品は可能なのか、見ていきましょう。

メルカリでは禁止

まず、メルカリで生き物の出品をしていいのかという点ですが、メルカリで生き物を出品してはいけません。これは規約で明確に禁止とされています。

このように、生き物を出品可能かどうか迷われる方もいらっしゃるようですが、生き物を出品してもメルカリは直接会って取引をするわけではないので、そもそも郵送ができません。もし仮に送ることができるとしても、生き物の販売は禁止されているのです。

しかし中にはこのように規約事項を知らずに生き物を出品してしまう方もいらっしゃいます。これは、取引が成功するしないに関わらず、アカウント停止処分などになる可能性が非常に高いので、絶対に避けるべきです。しかし中にはこのような疑問を持たれる方も。

セミの抜け殻……というのは確かに難しいところですね。そもそもセミの抜け殻を買いたいと思われる方がどれくらいいらっしゃるのかというところですが、それでも判断に迷うところです。

もし、こうした生き物かどうか判断が難しいものを出品したい場合は、事前にメルカリ運営に問い合わせをしてみるのが安全で確実でしょう。

もし自分の判断で出品をしてしまって、アカウント停止処分を受けて場合は永久にメルカリを使えなくなる可能性などもありますので、十分に気をつけるようにしてください。

メルカリアッテでは可能※ただし条件あり

メルカリアッテは、メルカリと違って、直接会って品物やサービスなどをやりとりするサービスです。

そういう意味では、生き物の出品も可能となっています。しかしメルカリアッテで生き物を出品される方は「里親募集」という形で、自分では飼うことができなくなった生き物を出品して誰かに譲るという使い方をしているようです。

このように、メルカリアッテを使って里親探しをするという方法は日常的に行われており、犬や猫をはじめ様々な生き物がメルカリアッテを通じてやりとりされています。

このように、実際に会って話をする前に、予防接種の状況なども取引メッセージからやりとりができるので、里親募集掲示板などを使うよりも便利だと感じている方もいらっしゃるようです。

さて、このように生き物の出品をすることが可能なメルカリアッテですが、メルカリアッテに生き物を出品する場合、一点だけ気をつけるべきことがあります。

金銭の請求をしてはいけない

メルカリアッテで生き物のやりとりをする場合、出品者側は取引相手に金銭などの費用請求はしてはいけないと、メルカリアッテの利用規約に明記されています。メルカリアッテで生き物を出品する場合の目的はあくまで里親募集などといった譲渡先を探すためであって、お金を受け取って生物売買で金銭を得ようという使い方はできないのです。

メルカリアッテで生き物をやりとりする場合に費用請求をしてしまうと、最悪アカウントが永久凍結される場合などもありますので、十分気をつけるようにしましょう。

メルカリ・メルカリアッテで生き物の出品は可能?まとめ

メルカリやメルカリアッテで生き物を出品することができるのかどうかについてまとめてみました。結論から申し上げれば、メルカリで生き物を出品することはできません。利用規約にもはっきりと記載されていますので、出品は控えるようにしましょう。

もし生き物をメルカリで出品してしまった場合は、最悪の場合アカウントの利用停止処分を受ける可能性もありますので、十分気をつけてください。

ただし、直接会ってやりとりをするメルカリアッテであれば生き物を出品することが可能です。

しかしこれは売買とは違い「里親募集」というような形でペットなどを譲るときに使われる方法です。メルカリアッテの利用規約を確認すると、生き物を出品する場合は取引相手に対して費用請求をしてはいけないということになっています。

つまり、生き物の売買は禁止されているということです。

あくまで無償で譲る場合に限るというわけです。こちらも間違えて費用請求をしてしまうとアカウントの凍結なども考えられるため、十分に気をつけましょう。