M-LIFE

メルカリの情報などを発信しています

メルカリカウルとは?メルカリとの違いについて

f:id:webwebweblog:20170914034932j:plain

メルカリユーザーなら誰もが一度は耳にしたことのある「メルカリカウル」。ご存じの方も多いのでしょうか。中には「メルカリカウル」という文字を見たことがあっても、実際どのようなものなのかを知らないという方も多いのが現状。ではメルカリカウルとはどのようなものなのか、メルカリとの違いを踏まえてレクチャーしましょう。

メルカリカウルとは?

メルカリカウルとは、メルカリの姉妹版アプリです。書籍・CD・DVD・ブルーレイに特化しているのが特徴。メルカリとは別に専用アプリを取得して使用します。

ただメルカリカウルはメルカリとはまったくの別版ではなく、連動して使えるのが非常に便利です。

メルカリカウルで出品した商品はメルカリでも出品される仕様。ダブルでの売り上げ効果が期待できます。

ようするにメルカリカウルはメルカリの書籍・CDジャンルカテゴリそのものだと言えるでしょう。

アカウントも統一されていて、メルカリでの売り上げをメルカルカウリで使う、その逆も可能ですよ。

楽天に例えてみるとわかりやすいですが、メルカリが楽天市場だとしたら、メルカリカウルは楽天ブックスの位置づけになります。

メルカリで本やCDをたくさん売ったり買ったりしたい人にとって、メルカリカウルは最強のツールになるでしょう。

メルカリとの違いをレクチャー

取り扱いジャンルに違いがあるメルカリとメルカリカウル。全般的なジャンルに対応しているメルカリに対し、メルカリカウルは本やCDなどに特化しています。他にも違いがあるのでチェックしましょう。

メルカリカウルで出品すると自動的にメルカリにも出品可能

メルカリカウルで出品した商品は、自動的にメルカリでの出品可能だからとても便利です。逆にメルカリでの出品でメルカリカウルに出品させるのは不可能。

その際はメルカリカウルから手動で行いましょう。

1.メルカリカウルのマイページを表示

2.出品商品一覧からカウルに出品できるものを探す

3.「カウルにも出品する」ボタンをタップ

4.アプリで商品バーコードを読み取ってカウルで出品可能

出品作業が簡単。ワンタッチでOK

なんとメルカリカウルは商品のバーコードを読み取るだけで出品可能です。わずらわしい登録作業がワンタッチで完了するで使いやすさ抜群です。

1.メルカリカウルを起動し、投稿をタップ

2.カメラが起動したら、本やDVDなどの商品バーコードを写す

3.自動感知機能でシャッターを押さずに、読み込み完了。

同時に出品も完了 画面左下に表示されている参考価格は、メルカリカウル内での最安値。よって出品の目安になります。

売れやすい価格相場をリサーチする手間がないのも、メルカリカウルの魅力です。

必要であれば適宜、価格を書き換えてくださいね。

ただワンタッチ出品は、あらかじめ出品したい商品データがメルカリカウル内にあることが条件です。もしない場合はワンタッチで表示されないので、タイトルから探して登録しましょう。

まとめ売りができないのがメルカリカウルの欠点

まとめ売りに対応していないのがメルカリカウルの欠点です。

連載本をシリーズ丸々購入したいときでも、1冊づつ購入しなければならないのが面倒。

その点メルカリではまとめ売りにも対応しているので便利に出品できますよ。

コメント欄がないから値下げ交渉の心配なし

メルカリに装備されているコメント欄は、値下げ交渉や取り置きなどの非公式な方法で使われることが多く、ユーザーの中には不快に思っている方も少なくありません。

その点メルカリカウルにはコメント欄が装備されていないので、安心して使えるとの声も聞こえます。

購入でも最安値で商品を探せる!!!

出品時に最安値を表示するだけでなく、メルカリカウルでは購入でも最安値を表示できます。メルカリカウルでカメラを起動しバーコードを向けるだけ。

しかも新品と中古をわけて表示するので、自分のニーズに合わせて購入できるのが魅力です。

メルカリカウルはメルカリのオプション的存在だった

メルカリの連動拡張機能やオプション的存在だと言えるメルカリカウル。メルカリにはない便利機能が満載です。特に便利なのはワンタッチで行える出品作業です。

便利なメルカリをさらに便利にシンプルに使いやすくしているので、初心者でも簡単に操作できますよ。

また本家であるメルカリとの連動で、より商品が売れやすくなっている工夫も魅力的ですね。メルカリにはない機能なので、本やCD、DVD、ブルーレイなどの売買を頻繁に行っている方には大変おすすめです。