M-LIFE

メルカリの情報などを発信しています

メルカリの安全確認の為の利用制限・原因や対処法について

f:id:webwebweblog:20170918022441j:plain

メルカリはフリマアプリの中でもかなり使い勝手がよく、多くの方が利用されているのではないでしょうか。しかし、そんなメルカリでもトラブルというのはつきものです。一般的にフリマアプリのトラブルといえば、購入者と販売者の間で商品の受け渡しができなかった、配送が遅れているなどのトラブルです。

しかしメルカリはもう一つ気をつけるべきトラブルがあります。それは「安全確認のための利用制限」がかかるのです。では「安全確認の為の利用制限」の原因はなにか、対処法があるのかそうか、見てみましょう。

メルカリの安全確認の為の利用制限・原因や対処法について

それでは、まず、そもそも「メルカリ 安全確認の為の利用制限」とはなんなのかを確認し、原因も確認していきましょう。

メルカリの安全確認の為の利用制限とは

メルカリの安全確認の為の利用制限とは 、運営が個人のアカウントを一時的に機能させることです。利用制限をされると、商品の売買はもちろんのこと、商品に対してのコメントやいいね!なども制限されてしまいます。

また、利用制限は、3時間、12時間、24時間、48時間、72時間、168時間(1週間)、永久利用停止と時間での区切りがあり、より重い罰則ではそもそもアカウントを凍結されて利用できないという状況になり得るのです。

メルカリの利用制限でやっかいなのは、このように突然利用制限がかかることです。中には、全く身に覚えがないのに利用制限がかかってしまう場合があります。 では、なぜメルカリの安全確認の為の利用制限がかかってしまうのでしょうか。

メルカリの安全確認の為の利用制限をされてしまう原因

安全確認の為の利用制限をされてしまう原因について見てみましょう。

身に覚えがない通報

メルカリには、ユーザーによる通報機能があり、あなたがなにもしていないのに通報されて安全確認の為の利用制限に追いやられることはありえます。

このように、言われもないことで通報をされて、利用制限がかかってしまうケースなどもあるのです。過去、このような悪質な通報によりアカウントが永久停止になってしまった方もいらっしゃるそうです。

規約違反

なにかしらのメルカリ規約違反をしている場合、利用制限がかかる場合があります。メルカリの規約違反は多岐に渡り、以下そのその代表的な原因を見てみたいと思いますが、例えば不適切なメッセージの送信なども規約違反です。

このように、取引メッセージなどで迷惑行為や不適切な発言があった場合は利用制限がかけられる可能性があるのです。

出品していけないものを出品している

メルカリはどんなものでも出品できるわけではありません。例えば、ブランド品のレプリカなどは出品してはいけないことになっています。あとは、クリーニングをしていない中古下着など、禁止されている出品物は多岐に渡ります。こうした禁止されている物品を出品してしまうと利用制限の対象になり得るのです。

メルカリ以外の決済方法を促す行為

メルカリは独自の決済方法を採用していますが、そのメルカリの決済方法を使わず、例えば直接振込や直接会っての代金支払いなどを要求すると利用制限がかかる可能性があります。メルカリ運営は取引メッセージの内容もチェックしていますので、不用意な発言は控えるようにしましょう。

運営側の手違い

また、このような規約違反をなにも犯していないのに、突然利用制限がかかる可能性があります。これは、過去にアカウントが利用停止になってしまった方などによく起こることで、運営側の手違いであることを指摘すればすぐに解除される可能性があります。

メルカリの安全確認の為の利用制限をされてしまったときの対処法

メルカリの安全確認の為の利用制限をされてしまったときの対処法は、規約違反などをしている可能性がある場合は、まずその行為をやめます。そしてメルカリ運営へ問い合わせを行うことです。

メルカリ運営への問い合わせは、「マイページ」>「お問い合わせ」>「会員登録・ログインについて」と進み、その後表示されるメッセージボックスに問い合わせ内容を記載すればメルカリ運営によって利用制限が解除される場合があります。

問い合わせから少し日数が経ってから解除となる可能性もあります。2〜3日は待ってみて、それでも返事や対応をしてもらえないときはもう一度問い合わせを行いましょう。

メルカリの安全確認の為の利用制限・原因や対処法についてまとめ

メルカリの安全確認の為の利用制限・原因や対処法についてまとめてみました。利用制限がかかってしまう原因は、規約違反行為をしてしまっている場合や、運営側の手違いによるケースなど、色々なケースが考えられることが分かりました。

安全確認の為の利用制限にも様々な段階があり、もっとも重い場合は無期限の利用停止になってしまう可能性もあります。

もし利用制限がかかってしまった場合は、規約違反行為などについて心当たりがある場合は改め、お問い合わせページから問い合わせましょう。

少し時間がかかる場合もありますが、利用制限を解除してもらえるかもしれませんので、お試しください。